入れ歯・義歯

  1. HOME
  2. 入れ歯・義歯

さまざまなメリットを持つ「入れ歯」で
快適な生活を

さまざまなメリットを持つ「入れ歯」で快適な生活を

近年では「失った歯を取り戻す」ための方法としてインプラントを選択する患者様も増えていますが、昔から補綴(ほてつ)治療に使われてきた手段は入れ歯(義歯)です。
名古屋市西区の上小田井駅前にある歯医者「のぞみ歯科医院」では、入れ歯に関するご相談もうけたまわっております。
ぴったり合った入れ歯で、快適な「咬む」「話す」を実現しましょう。
入れ歯でお悩みのご家族がいらっしゃる方は、お気軽にご相談ください。

入れ歯のメリット

1費用が安い 保険適用が可能な入れ歯は、費用が大きく抑えられます。
また自費診療の場合でも、インプラントより安価でかつ精巧な入れ歯をつくることができます。
2手術の必要がない 外科手術が必要なインプラントとは異なり、入れ歯は切開や埋入などの手術が不要。
患者様のご負担を心身ともに軽減することができます。
3製作期間が短く済む 手術が必要なインプラントは治療期間が長くなります。
しかし、入れ歯は総義歯でも最短1ヶ月ほどで製作が可能。
自費の入れ歯でも、数ヶ月あれば精巧な入れ歯が完成します。
4取り外しが可能 取り外して洗浄したり、調整したりすることが可能。
お口のケアが満足にできない寝たきりの方でも、問題なくご使用いただけます。

自分に合った入れ歯づくりのチェックポイント

POINT 1
素材
POINT 2
見た目
保険の入れ歯と自費の入れ歯では使用する素材が異なるため、自分の口腔内環境や体質に合った素材を選ぶことが大切です。 周囲の歯とのバランスが取れ、審美性に優れたものを選ぶことが大切です。
歯の形や色味の調和までチェックしましょう。
POINT 3
床部分
POINT 4
耐久性
装着時の着け心地、咬む時のズレがないかをチェックしましょう。
違和感があればすぐに歯科医師に相談し、調整することも大切です。
耐久性の低い義歯は、料理の熱などで変形したり、落として破損したりすることがあります。
耐熱性や金属部分の強度について、きちんと歯科医師に確認しておきましょう。

保険診療の入れ歯・自費診療の入れ歯の違い

当院が行っている入れ歯治療は、大きく分けると「保険診療」と「自費診療」の2種類です。
それぞれの特徴と違いをご紹介します。

保険診療の
入れ歯
保険診療の入れ歯
使用できる素材がレジン(歯科用プラスチック)だけに限られ、審美性や着け心地に関しては自費診療より劣ります。
その一方で、保険の適用を受けられるので自己負担額をかなり抑えることができます。
自費診療の
入れ歯
自費診療の入れ歯
製作に時間がかかり、値段も保険の入れ歯より高額になりますが、素材や形(様式)をお選びいただけるので、自然な見た目や咬み心地、装着時の快適さなどにこだわりたい方にはおすすめです。

当院の入れ歯づくりについて

当院の入れ歯づくりについて

「痛い」「外れる」「しっかり咬めない」。
そんな入れ歯のお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか? 合っていない入れ歯を使い続けると、歯ぐきを傷めるのはもちろん、患者様にとっての強いストレスとなるため食事や会話が億劫になってしまう可能性もあります。
入れ歯をつくる目的は、快適な生活を取り戻すため。
にもかかわらず、合わない入れ歯で食事や会話が億劫になってしまっては本末転倒です。
当院ではじっくりとカウンセリングに時間をかけ、患者様のお悩みやご要望を丁寧にお聞きしてから最適な入れ歯づくりを行います。

インフォームドコンセントを重視した
歯科医療

インフォームドコンセント(説明と同意)を重視することはすなわち、患者様との心と心のつながりを大切にするということです。
豊富な経験のもと、より患者様の入れ歯が快適なものとなるよう、選択肢のご提案や丁寧な治療内容のご説明を通してサポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

ページトップ

Doctors File