一般歯科

  1. HOME
  2. 一般歯科

重症化しやすい虫歯にご注意を

重症化しやすい虫歯にご注意を

歯医者へ行くことを決意する理由で多いのは、やはり「虫歯による痛み」ではないでしょうか? 初期段階の虫歯は自分で気づくことが難しく、痛みが出はじめてから慌てて「治療しないと」と思う患者様が多いようです。
しかしそれでは虫歯が重症化しやすく、抜歯のリスクが高まってしまいます。

一般歯科は、主に虫歯の治療に対応する診療メニューです。
虫歯は虫歯菌が原因で起こる感染症の一種。
虫歯が悪化すればするほど痛みが大きくなり、治療期間は長く、治療費も高くなってしまいます。
まずは日々のブラッシングを徹底して予防に努め、もし虫歯になってしまったら、早めに名古屋市西区の上小田井駅前にある「のぞみ歯科医院」へお越しください。

虫歯になってしまう原因は?

「ミュータンス菌」という存在をご存じでしょうか? 実は、これこそが虫歯の原因となる細菌なのです。
このミュータンス菌がプラークに棲みつき、食べかすに含まれる糖分を栄養としながら酸をつくり出すことで、歯が少しずつ溶かされてしまいます。
普段はこのミュータンス菌の働きに負けないように唾液が口腔内環境を整えてくれるのですが、以下のような要因がいくつか重なると虫歯になりやすい環境ができてしまいます。

1歯質 栄養不足や治療の繰り返しによるダメージにより歯がもろくなっていきます
2糖分 糖分を含む食べかすが長時間口腔内に残っていると虫歯リスクが高まります
3虫歯菌 虫歯菌の数(プラークの量)が多くなると虫歯になりやすくなります
4時間 食後から長時間ブラッシングせずにいると、虫歯菌の活動が活発化します

虫歯の進行段階と治療法

CO初期段階の虫歯

CO初期段階の虫歯

症状
歯の表面のエナメル質が溶けて白濁して見える状態です。
自覚症状はありません。
治療方法
ブラッシング指導やフッ素塗布などによって適切にケアすれば、削る治療をせずに治る可能性があります。
C1エナメル質の虫歯

C1エナメル質の虫歯

症状
痛みを感じることはないものの、エナメル質が溶けて患部が茶色に変色してきます。
このとき、しみるような刺激を感じることもあります。
治療方法
虫歯になった部分を削って、レジン(歯科用プラスチック)を詰める治療を行います。
C2象牙質の虫歯

C2象牙質の虫歯

症状
冷たい物を口に含んだとき、刺すような痛みを感じるようになります。
これは、エナメル質を通り越して虫歯菌が象牙質に達した証拠です。
治療方法
虫歯になった部分を削って、レジンやセラミックでできた詰め物や被せ物を装着します。
C3神経に達した虫歯

C3神経に達した虫歯

症状
虫歯菌が神経にまで到達した状態です。
何もしていなくても常に痛みを感じるようになり、食べものを咬むと激しい痛みを感じます。
治療方法
根管治療で歯根をきれいにしてから、被せ物をして治療します。
C4歯根に達した虫歯

C4歯根に達した虫歯

症状
神経が死んで一時的に痛みは治まるものの、膿がたまって再び激痛が起こります。
歯冠が溶けてなくなってしまった状態です。
治療方法
歯根部分まで抜歯し、インプラントや入れ歯などの補綴処置を行います。

重度な虫歯には精密な根管治療を

重度な虫歯には精密な根管治療を

患者様の虫歯が神経まで達した場合には、「根管治療」をすることになります。
根管治療では、虫歯菌におかされた神経や血管をきれいに除去した後、薬剤を充鎮してから補綴物を装着します。
根管内に細菌が残っていると虫歯の再発リスクが高くなり、そうして再発を繰り返すと再治療の成功率はどんどん低下していきます。
重度の虫歯から歯を守るには、最初の根管治療を精密に行うことが何よりも重要なのです。

患者様の身体にやさしい、痛みを抑えた治療

虫歯ができてしまったら
「削る治療」をするしかない。
最悪の場合は「抜く処置」ことになる。
歯を抜くのも大きく削るのも
どちらも「痛い」――。

患者様の身体にやさしい、痛みを抑えた治療

これが、従来の虫歯治療のよくあるイメージです。
しかし、「抜く」「削る」という治療方法では咬み合わせが悪くなるケースも多く、咬み合わせが乱れると口腔内のバランスが崩れてさまざまなデメリットが生じるというリスクがありました。

そういった虫歯治療による問題を解消すべく、名古屋市西区の歯医者「のぞみ歯科医院」では症例に合わせてレーザー治療を採用しています。
「抜く」「削る」という治療を最小限にとどめ、患者様にできるだけ負担をかけない虫歯治療を心がけています。

レーザー治療設備についての詳細は、医院案内ページの設備紹介にてご確認ください。

のぞみ歯科医院の
ご案内ページはこちら

心にもやさしい、
あたたかな医療を目指しています

「歯医者で何をされるかがわからないから怖い」という患者様はとても多いようです。
自分のお口の中がどんな状態で、どんな治療が必要なのかわからない患者様が不安な気持ちになるのは当然です。
当院では、そういった患者様の不安を少しでも軽減できるよう、治療前の十分なヒアリングや治療内容の丁寧なご説明に努めています。
患者様が望まないことを避け、患者様が望む結果を実現するために、心にも配慮した「血が通った治療」をご提供します。

「虫歯かも?」
と感じたらご相談ください。

風邪をひいたときは、安静にしていればそのうち治ることもあるでしょう。
しかし、虫歯の場合はそうはいきません。
残念ながら、一度虫歯になってしまった部分が自然に治癒することはないのです。
治療をした歯はもろくなってしまい、虫歯が進行すればするほど治療によるダメージも大きくなっていきます。
できるだけ大がかりな治療をしなくてすむように、「あれ?」と思ったらお早めにご相談ください。

当院では、虫歯の治療が終了しても定期検診を継続して受けていただくことをオススメしています。
健康な口腔内を維持するために、ぜひ予防歯科のことも知っておいてください。

ページトップ

Doctors File