定期検診が必要な理由

  1. HOME
  2. 定期検診が必要な理由

定期的な検診で歯の健康維持

定期的な検診で歯の健康維持

「歯が痛くなるのはイヤ。
でも治療だって痛いからイヤ」という患者様は多いと思います。
治療によって削った歯質は二度と元には戻せないので、できれば治療のために歯を削るのは避けたいところです。
そういった状況を避ける一番の方法は、「治療が必要な状態にならないこと」。
これに尽きるでしょう。

歯が痛くならなければ、痛い治療を受けずに済みます。
トラブルが起こらないのなら、歯を抜く処置を受ける可能性も歯を失うリスクもありません。
名古屋市西区の上小田井駅前にあるのぞみ歯科医院では、そんな健康的な状態を実現するために、歯医者での定期的な検診およびメンテナンスをおすすめしています。

定期検診やメンテナンスを怠ると、歯の「寿命」が縮む?

定期検診やメンテナンスを怠ると、歯の「寿命」が縮む?

日本人の場合は「歳をとって歯を失うのは仕方のないこと」と考える(受け入れる)傾向が比較的あるように思いますが、歯科先進国ではとんでもなく誤った認識となります。
歯科先進国と呼ばれる欧米諸国では、80歳時点での平均残存歯数が20本前後というデータがありますが、一方の日本はたったの14本程度しかありません。
一体、何が違うのでしょうか?

それは、「予防歯科に対する意識の違い」です。
歯科先進国では70%~90%の人が歯科医院で定期的に検診やメンテナンスを受けているのに対し、日本ではメンテナンスのために歯科医院へ行く人がたったの2%しかいないというデータがあります。
この予防歯科に対する意識の低さこそ、日本人の多くが将来的に歯を失ってしまうという現状をつくり出しています。

歯の健康維持のために、3ヶ月に1度の定期検診を

歯の健康維持のために、3ヶ月に1度の定期検診を

近年になって少しずつ予防歯科の考え方が浸透してきた日本ですが、それでもまだまだという状況です。
当院では少しでも患者様に予防に対する意識を持っていただけるよう、3ヶ月に1度の定期検診およびメンテナンスをおすすめしています。
定期検診には、以下のようなメリットがあります。

  • トータルの治療費を抑えられる
  • 歯の寿命を延ばせる
  • 痛い治療を受けなくてすむ
  • 自分の歯に対する美意識・健康意識を維持できる
  • 予防処置が受けられるため歯のトラブルを回避できる

そして何より、当院が目標とする「人にやさしく、あたたかい歯科医療」の実現には、患者様に笑顔でいていただかなくてはなりません。
「虫歯が痛い」「治療が長引いてつらい」「歯を失いそうで不安」。
患者様ができるだけそんな思いをせずに生活できるよう、私たちが皆様の予防をサポートいたします。

 

口腔管理は当院の衛生士にお任せください

のぞみ歯科医院では、経験豊富なベテラン歯科衛生士が患者様のお口のケアにあたります。
スタッフはみな口腔管理能力の高いプロですが、「途中で担当が変わると不安」という方はお気軽にご相談ください。
お客様のご都合と衛生士の勤務スケジュールを調整し、常に同じスタッフがケアを担当することも可能です。

ページトップ

Doctors File