唾液の秘密

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 唾液の秘密

子供の頃、怪我をした時に、ツバをつけておけば治る!と言われたことはありませんか?

犬や猫などの動物が傷を負った部分を舐めている様子をテレビなどの映像で見たことがあるかと思います。

実際に唾液には出血を止めるのを助けたり、傷口に侵入するバイ菌を殺し、炎症をおさえる成分が含まれています。

傷口を舐めるという行為は動物の本能的な治癒行為なんですね。

人間の唾液には、抗菌作用がある酵素や、母乳や涙、汗にも感染防御機能をもったタンパク質などが含まれています。

口の中が傷ついた時に、体の皮膚により化膿しにくかったり治るのが早かったりするのは、これらの作用が働くからです。

そして唾液をしっかり分泌するには、よく噛むことが有効です。

つまり、よく噛んで食べることは、食べ物の消化を助けて胃腸の負担を軽減するだけでなく、外から侵入してくる細菌や口内の細菌の繁殖を抑えることにもなるのです。

普段からよく噛むことを意識しておけば、唾液も活発に分泌されます

口の中の環境を、日頃のケアで整えておきましょうね。

ページトップ

Doctors File