8020(ハチ・マル・ニイ・マル)運動

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 8020(ハチ・マル・ニイ・マル)運動

「8020(ハチ・マル・ニイ・マル)運動」をご存知でしょうか。

日本歯科医師会と厚生労働省が健やかな生活を送るために推進しているもので、「日本人の平均寿命である80歳まで、20本の歯を残そう」という事で「8020運動」と呼ばれています。

人間の歯は、親知らず4本を含めて32本あります。
80歳になってもその内の20本以上、歯が残っていれば食べることに不自由がなく、肉体的にも精神的にも健康でいられると考えられているのです。

様々な研究の成果で、噛む力と運動能力は深い関わりがあることがわかっており、健康で活動的な人の歯の数に対して、例えば寝たきりの人の歯の数は格段に少なくなっているのです。

高齢者の健康と歯は深い関連性があるんですね。

歯を失ってしまう原因は、むし歯や歯周病がほとんどです。歯を残すためには、むし歯や歯周病の予防、なってしまったとしても早期発見、治療することが不可欠です。

最近の患者さんを見ていると、以前に比べると周知が進み、むし歯や歯周病の予防に対する意識も高まっているように思います。

巷にはご自宅でもケアができる便利なお手入れグッズもたくさん出ていますので、80歳で20本残せるように、予防を心掛けていきましょう。

ページトップ

Doctors File