タバコと虫歯の県警

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. タバコと虫歯の県警

タバコは『百害あって一利なし』

体に良くないことは、良く言われていますが、

体だけではなく、 歯にも影響があるのです。

 

まず歯周病。

喫煙者の方は非喫煙者の方よ、歯周病になるリスクが5倍近くに跳ね上がります。

喫煙者はタバコの影響で血流が悪くなっているため、

歯茎が腫れにくく、発見が遅れるリスクもあります。

 

治療を始めても回復が遅く、良くなっても再発しやすい、というリスクまであります。

とにかく歯周病になりやすく、治りにくい環境になってしまいます。

 

虫歯にも、影響があります。

タバコの影響で虫歯の菌がパワーアップします。

通常より歯を溶かす酸を多く作り出すため、虫歯になるペースが早まります。

そのため、歯の根まで治療をしなければならない虫歯に至るケースが多く見られます。

 

そして、タバコのヤニは粘着性が高く、歯に付くと歯ブラシでもなかなか取りにくくなります。

そしてみるみる歯の表面は黄色く、色が変わってしまいます。

 

タバコ、お好きな方もいらっしゃるとは思います。

いつまでも健康で白い歯を保つためには

タバコは、ちょっと控えめにした方が良さそうですね。

ページトップ

Doctors File