「塩」は高級歯磨き粉!

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 「塩」は高級歯磨き粉!

現代では様々な種類がある"歯磨き粉"ですが、

古代ローマの人々は昔の人はネズミの頭がい骨やバラを粉末にして、
それらで歯を磨いていたようです。

さらに身分の高い貴族、皇室や皇族の人たちは『塩』を歯磨き粉として使用していました。

当時の塩は大変高価なもので、ひと握りで毛皮1枚と同等の価値があったようです。
現在のように食卓にいつもあるものではなく、口にできるのは一部の権力者のみだったとか。

初代ローマ帝国皇帝『オクタヴィアヌス』の姉が愛用していた、塩ハミガキ剤の処方が
今も残ってるようです。

貴族は贅沢な食事、生活をしていたため、当時歯周病や生活習慣病が多かったようですね。

他には人の『尿』を材料にした歯磨き粉もあったとか。
ちょっと、これは使うのに勇気がいりそうですね…

ページトップ

Doctors File